医師

腰痛の痛みを和らげる治療|体のバランスを整える

日本人に多い症状

腰を押さえる人

なぜ痛むのか

腰というのは、人間が日常生活で歩いたり、座ったりなどの動作をする上で大切な部分です。しかし、腰を酷使する機会が多いので、日本人の多くの人が腰痛に悩まされています。腰痛が厄介なのは、一度なると治りにくく悪くなるケースが多いことです。そもそも腰痛になる原因は、加齢による筋力の低下によるものです。年を重ねるにつれて、腰椎・背骨を支える筋力が低下していきます。それで、腰に多大な負担がかかり、腰痛を感じる傾向に有ります。その他にも、骨格の歪みも腰痛の原因として考えられます。人間は、仕事などで疲労を感じると姿勢が悪くなってしまいます。長時間、姿勢が悪いままだと、筋肉がその状態を維持するようになっていきます。その結果、体のバランスが乱れて痛みを感じるようになります。

効果のある治療方法

腰痛を抱えるようになったら、なかなか自分の力では治すことができないです。そのため、我慢せずに、確実に治すために病院に行く必要が有ります。病院では、患者の症状、腰の痛みに合わせて色々な治療が行われています。中でも最も頻繁に行われる治療が、温熱療法というものです。これは、患部を専門的な温熱器、遠赤外線で温めていく治療です。腰を温めることで、患部の新陳代謝を促進する事ができます。それで、血行をよくすることで自然治癒力を高め、痛みを緩和できるという事です。その他にも、病院では低周波治療を行っています。これは、腰に生体電流に近いパルスを流す施術です。パルスを流すことで、腰から脳に送られる痛みの信号を遮断することができます。そのため、痛みを鎮静化させる効果があります。

丈夫な腰を手に入れよう

病院

腰痛とは、腰の周辺に痛みが現れる症状のことで、原因は人によってさまざまなため、自分の腰痛が何が原因で引き起こされているのかをしることがまずは大切です。腰痛の多くは腰周辺の筋肉が固くなることが原因である場合が多く、これはマッサージなどによって血行を良くすることで解消することができます。

詳しく見る

詳しく知っておく

シニア女性

腰痛は単なる筋肉疲労から損傷によるものなど非常に幅広い原因があります。治療法は塗り薬や湿布などの簡単にできるものから病院での治療を必要とするものまでいろいろです。ただ原因の特定が難しいので、実績のあるところがいいです。

詳しく見る

腰の痛みの原因や予防など

腰を押さえる女性

腰痛の原因を病院や整骨院で調べても、確実な原因が特定できる可能性は低いです。そのため、自分の腰痛は加齢に伴うものなのか姿勢の悪さからなのか、または他に思い当たる理由があるのかを慎重に考える必要があります。予防法として日頃から姿勢を良く保つように意識したり、腰を酷使し過ぎないようにすることが大切です。

詳しく見る